TOP > 静岡はなさんぽ > 東部・伊豆地区 > 下田市 > 下田公園の椿園(下田市)

静岡花散歩

下田公園の椿園(下田市)

投稿日:2014年1月26日 最終更新日:2016年5月22日

椿 例年:12月~3月(種類により開花時期が異なります)
下田公園(城山公園)
静岡県下田市3丁目
問い合わせ先 下田観光協会 TEL 0558-22-1531
ーー
2014年1月26日
下田公園は冬季、とても静か。小高い丘は海からの風が冷たく、小鳥の声が静寂を破ります。公園はこの時季、161種5000本の椿が少しずつ、順番に静かに咲いていきます。DSC_3870

広大な下田公園ですが、冬は訪れる人は少ないよう。土曜日でも閑散としています。
DSC_1255

公園内は歩きやすく、歩道を進むと巨木なヤブ椿が頭上高くそびえます。地元の方によりますと広大な公園の椿林は手を入れないでのびのび育っているとのこと。やっと近くで撮った椿。
DSC_3866

丘の上からは下田港が見え、下田市街が一望。紫陽花の時も同じ光景が目に残っています。
DSC_3878

遊歩道を進んで行くと、案内が。近くにヤブ椿と言う小さな標識がありました。
DSC_3908 DSC_3881

ヤブ椿と書いた標識の道に入るとそこは「椿と山吹の小径」。色々な品種の椿があります。名前も記してありますが咲いているのは全体から見ると多くはありません。12月から3月にかけて順を追って咲いていくようです。地元の方は散策でずっと楽しめますね。
DSC_3894

1月26日咲いていた種類は羽衣、曙、加茂本阿弥、白侘助、吾妻絞、淀の朝日など結構たくさん。「椿と山吹の小径」は標識がたくさんありますから椿好きの方は嬉しいでしょうね。

加茂本阿弥、吾妻絞(アズマシボリ)
DSC_3890 DSC_3896

白侘助、淀の朝日
DSC_3892 DSC_3899

城山公園椿園の案内の奥には広大な椿林があり、夏に咲いた紫陽花も冬の間に新しい芽が季節を待っています。
DSC_3910

紫陽花の時、緑が多かったペリーロードの平滑川(ひらなめがわ)も今は静か。下田爪木崎を彩る水仙・アロエが少しだけ。*川は弥治川(やじがわ)とも。DSC_3858

下田公園を後にして、爪木崎の水仙・アロエを見に向かいました。ペリーロードの突き当り了仙寺では5月に境内一面のジャスミン(においばんまつり)が開花。また訪れます。

下田公園の紫陽花(しずおかはなさんぽ)→こちら に下田公園について詳細があります。

アクセス

■公共交通
・東京から終点の伊豆急下田駅まで「特急踊り子号」で約3時間
・伊豆急行下田駅より徒歩約20分
・タクシー 下田駅→下田公園(所要時間5分 約700円)
■車
・関東方面より 東名厚木ICより約3時間30分
・関西(静岡)方面より 沼津ICより約1時間50分
・駐車場 下田海中水族館入口/乗用車200台

Google Map

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

sponsors



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

SNS

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook

アーカイブ


《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors