TOP > 静岡はなさんぽ > 東部・伊豆地区 > 下田市 > 爪木崎のイソギク・ツワブキ(下田市)

静岡花散歩

爪木崎のイソギク・ツワブキ(下田市)

投稿日:2013年11月6日 最終更新日:2016年1月18日

磯菊(イソギク) 例年:11月~12月
石蕗(ツワブキ)(伊豆地方・イソブキ)例年:11月~12月
爪木崎
〒415-0014 下田市須崎 (問合せ)下田市観光協会 TEL:0558-22-1531
ーー
2013年11月3日
全国でも有数の景勝地である爪木崎。冬は300万本の野水仙の大群落で有名。海浜植物の宝庫としても知られていて、秋はイソギクとツワブキが浜を黄色に染めます。まだ蕾が多いですね。DSC_3301

<イソギク>
キク科の多年草で関東地方南部から東海地方、伊豆諸島の海岸の砂浜などに生えています。ススキが終わり秋の花の出番です。
DSC_3300

黄色の花は海と秋空に似合います。
DSC_3295

DSC_3298 DSC_3299

葉の裏側は白色!
DSC_3338

<ツワブキ>
ツワブキは伊豆の海岸でよく目にすることができるキク科の宿根草。下田公園、寝姿山にも群落がありました。爪木崎でも最盛期にはまだ少し早いよう。
DSC_3340

DSC_3309

DSC_3343 DSC_3310

蕾が多いので花はこれからが本番。イソギクとツワブキが一緒に咲いています。
DSC_3345

灯台
須崎半島の東南端。イソギク・ツワブキの群落を抜けると先端に白亜の灯台。
DSC_3318

静岡県指定文化財・俵磯(柱状節理)
柱状岩石の六角形の断面が規則的に並ぶ柱状節理。その形状から地元では「俵磯」と呼ばれています。海岸まで下りて見てきました。美しく雄大!
DSC_3331

DSC_3332

俵磯(柱状節理)の案内板
DSC_3328

DSC_3329

12月末か1月初めに水仙とアロエの花を見に来るつもりです。真冬の灯台や柱状節理も楽しみ。青空の日に来たいですね。

下田公園のツワブキ(しずおかはなさんぽ)→こちら 
寝姿山のリトルエンジェル・ツワブキ(しずおかはなさんぽ)→こちら

ご案内
爪木崎、水仙まつり 毎年12月20日から翌年1月31日まで
伊豆白浜、アロエの里 アロエの花まつり 毎年12月8日~1月14日 (爪木崎にもアロエ有)

アクセス
■公共交通
・東京から終点の伊豆急下田駅まで「特急踊り子号」で約3時間
・伊豆急行下田駅
・伊豆急下田駅より爪木崎行きバス22分、爪木崎下車すぐ
■車
・関東方面より 東名厚木I.C.より約2時間42分
・関西(静岡)方面より 沼津I.C.より約1時間54分
・R135「須崎半島」看板を曲がり約10分。
・駐車場あり 有料500円

Google Map

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

sponsors



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

SNS

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook

アーカイブ


《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors