TOP > 静岡はなさんぽ > 東部・富士地区 > 富士市 > 雁堤(かりがねづつみ)のコスモス(富士市)

静岡花散歩

雁堤(かりがねづつみ)のコスモス(富士市)

投稿日:2016年9月30日 

コスモス(秋桜) 例年:9月下旬~10月上旬
雁堤(雁公園)(岩松まちづくりセンターTEL:0545-63-5210)
静岡県富士市松岡1866 雁公園
ーー
2016年9月30日
富士市雁堤(かりがねづつみ)でコスモスの花がそろそろ見頃です。青空の下、堤に沿って2キロ近く咲くコスモスは秋の訪れを感じます。ヒガンバナも満開とのこと。富士山が見えると素晴らしい風景でしょう。
雁堤コスモス開花状況 →こちら 
第29回かりがね祭り→こちら 
第29回かりがね祭りは平成28年10月1日(土曜日)正午から午後8時30分。雨天の場合は、10月2日(日曜日)。
ーー
2013年10月4日
日本三大急流、富士川の河川敷沿いにある雁堤(かりがねづつみ)でコスモスの花が全長2kmにわたって咲き、明日10月の第1土曜日は「かりがね祭り」で賑わうとのことで訪問。DSC_2731

江戸時代前期、暴れ川だった富士川から新田を守ろうと古郡(ふるごおり)氏親子三代で成し遂げ、人柱の悲劇も伴うと言う「かりがね堤」。古郡氏や人柱への感謝と築堤や氾濫での犠牲者の霊を慰めるお祭りに合せてコスモスは植えられています。
DSC_2732

かりがね堤は富士市指定史跡です。逆L字型の堤はジョギングのコース。快晴の日には富士山を眺めながら川風を受けて気持ちが良いことでしょうね。写真説明は拡大して下さい。
DSC_2684 DSC_2686
雁堤の名称は、雁が連なって飛ぶ形に似ていることからつけられました。

かりがね祭りにあわせてコスモスの花が満開となるよう、岩松・岩松北地区(19町内)で雁堤内のプランター(370鉢)に種蒔きを行い管理をしています。コスモスは今、満開。地元の方の話ではあと一週間くらいが見頃とのこと。富士山が見える日に行くと素晴らしいでしょうね。
DSC_2700

L字型のかりがね堤の角には護所神社があります。人柱の悲劇の伝説「通りがかった千人目の巡礼の旅僧は見知らぬ人々のために進んで生きながらにして埋められた」との説明板と護所神社。
DSC_2715

DSC_2716

「かりがね祭り」毎年10月の第1土曜日 (平成25年は10月5日) 雨天の場合は翌日順延 。
お祭りの準備、舞台が出来ていました。遠くに愛鷹山系が望めます。
DSC_2743

かりがね堤の遊水地となっている広場の向こうには遠くに新東名、近くに東名高速道路が眺められます。
DSC_2745

<かりがね堤の彼岸花>
コスモスの開花に合わせて雁公園に行きましたが、もう少し早ければヒガンバナが堤の斜面を埋めつくしていることでしょう。名残の彼岸花が咲いていました。来年はお彼岸頃、富士山の見える日に訪問したいと思います。
DSC_2709

DSC_2707 DSC_2733

ご案内
かりがね祭り 毎年10月の第1土曜日 (平成25年は10月5日)
雨天の場合は翌日順延

アクセス
■車
・東名高速富士川SAより10分
■公共交通
JR身延線 柚木駅より徒歩10分

Google Map


sponsors



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

SNS

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook

アーカイブ


《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors