TOP > 静岡はなさんぽ > 東部・富士地区 > 富士宮市 > 南条の里にざる菊アート「赤富士」(富士宮市)

静岡花散歩

南条の里にざる菊アート「赤富士」(富士宮市)

投稿日:2017年11月3日 最終更新日:2017年11月10日

ざる菊 10月下旬~11月中旬
地元有志らでつくる「南条の里農地保全会」
富士宮市下条の遊休農地 牧野酒造合資会社(富士宮市下条1037)北側
ーー
2017年11月3日
久しぶりの快晴。富士宮市下条の遊休農地に富士山をバックに、赤富士を表現した菊の花が美しいと聞き訪問しました。約900株「クッションマム(ざる菊)」が、霊峰富士をバックに見事です。

地元有志らでつくる「南条の里農地保全会」のメンバーが6月に植え付けし、一生懸命育ててきた赤、白、黄の3色クッションマム(ざる菊)が美しい。

花畑全体が富士山をバックに赤富士を表現して造られており、登山道の入口もあります。

登山道の入口の道を進み花を楽しむ訪問客。「みごとね~」と皆楽しそうです。

花の色は赤、白、黄の三色とのことですが、藤色も少し。

白色の花のところが富士山の頂上を表しています。我が家のトイプードル・ふうたも白い花に見とれているのかな?

仮設の展望台の長ハシゴも設置され登ると富士山アートが見られます。右側にある望遠鏡からは富士山の頂上がくっきりと見えます。

もう少し、富士山が雪化粧をした中旬が背景富士山の見頃かもしれませんが、花は今が見頃。梯子に登ってみました。菊が少し大きく見えます。

「南条の里農地保全会」のメンバーの方も案内して下さいます。駐車場も隣にあり誘導してくれます。白い菊の両側は早く咲いてもう終わりに近くそれを除いた道の内側が背景の霊峰富士を形作っています。

南条の里の案内板。富士宮市下条下区の区長さん前林さんと綺麗ですね。と話してきました。
※美しく品格のある邑づくり>見る>南条の里(富士宮市)→こちら

飾ってあった写真では夕方になると富士山が夕焼けで赤く美しいそうです。本来、赤富士は朝日に照らされた富士山を言うようですが、夕焼けに染まった赤い富士山も綺麗です。
飾ってあった写真「富士山とざる菊の一日の移り変わり風景」 平成29年10月30日撮影

16:00

16:50

「南条の里農地保全会」のメンバーの方達もテントの中で美しく育てた菊を眺めているのでしょうか。のどかな秋日和。

今日は富士宮市はお祭りの最中。街中、山車の用意で賑わっています。車が通れるうちに 富士山本宮浅間大社を後にしました。

ざる菊はところどころ農家の庭にもあります。「南条の里農地保全会」の花畑に着くまでの楽しみでもあります。

アクセス
JR富士宮駅-(富士急静岡バス 上条行き)-妙蓮寺入口バス停(約35分)
身延線富士宮駅から車で約20分
東海道新幹線新富士駅から車で約40分

東名高速 富士ICより約16㎞ (約40分)
新東名高速 新富士ICより約15㎞(約35分)
車でお出かけの時にはカーナビで「牧野酒造」「富士宮市下条1037」と入力し目印にして下さい。牧野酒造のすぐ北側に畑があります。
駐車場有

Google Map

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

sponsors



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

SNS

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook

アーカイブ


《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors