TOP > 静岡はなさんぽ > 西部地区 > 袋井市 > 可睡斎ぼたん苑(袋井市)

静岡花散歩

可睡斎ぼたん苑(袋井市)

投稿日:2013年4月11日 最終更新日:2017年5月4日

牡丹 例年:4月中旬~5月上旬(室内ぼたん庭園は1月上旬~3月下旬)
秋葉総本殿 可睡斎ぼたん苑
静岡県袋井市久能2915-1 電話0538-42-2121
ーー
2014年4月18日
可睡斎の牡丹が見ごろを迎えています。
ぼたん苑開園期間 2014年4月12日(土)~5月6日(火・祝)
午前8時~午後5時まで 開花状況 0538-42-2121
ーー
2013年4月10日
可睡斎の牡丹が開花しました。牡丹苑は180坪、60余種、約2000株の牡丹があります。10日は78株、11日は142株開花とのこと。雨、風、暑さに弱い牡丹を早めに鑑賞。
牡丹苑案内

牡丹苑は広く案内石の左手 牡丹苑上段・中段は斜面で、新緑の中、燦々と輝く太陽のもとで伸び伸びと牡丹が育っています。開苑したばかりで蕾が多いのですが、咲き始めの牡丹が好きです。
可睡斎の牡丹

可睡斎の牡丹

案内石の右手 牡丹苑下段は雨・風を防ぐために覆いが用意されています。奥には優良な品種が名前を記して展示。いちばんの見頃は20日頃とのこと。
可睡斎の牡丹

可睡斎の牡丹

上品で華麗な牡丹、写真を撮ってきましたので拡大してご覧ください。
可睡斎の牡丹 可睡斎の牡丹 可睡斎の牡丹

一輪を拡大。咲き始めたばかりの牡丹は美しいと思います。
可睡斎の牡丹 可睡斎の牡丹 可睡斎の牡丹

可睡斎の牡丹  可睡斎の牡丹

秋葉総本殿 可睡斎は曹洞宗の名刹、600年前に開かれ家康公と縁の深い寺です。
可睡斎本堂

牡丹の花は美しく、また新緑もすばらしい。全国から寄進された紅葉の幼木がたくさん育っていて秋には全山、燃えるような風景になることと思います。現在はシャクナゲ。ツツジも満開。
可睡斎の新緑

ご案内
『可睡斎ぼたん燦燦まつり』2013年4月10日(土)~5月6日(月・祝)の期間開苑予定
見頃は20日頃 午前8時~午後5時
入苑志納金大人500円(小学生以下無料)
ぼたんの開花にあわせてぼたん膳など特別精進料理も用意
可睡斎のホームページに日を追ってぼたん開花状況が掲載→こちら
問合せ:可睡斎TEL 0538-42-2121

アクセス
■車
東名高速道 袋井ICから5分
新東名高速道路 森掛川ICから15分
国道1号線から10分
駐車場:可睡斎駐車場を利用 100台(無料)350台(有料)

■電車
JR袋井駅より静岡鉄道バス森町方面行で15分、可睡下車、徒歩5分

Google Map


sponsors



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

SNS

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook

アーカイブ


《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors