TOP > 静岡はなさんぽ > 中部地区 > 川根本町 > 寸又峡・夢の吊り橋の紅葉(川根本町)

静岡花散歩

寸又峡・夢の吊り橋の紅葉(川根本町)

投稿日:2015年10月25日 最終更新日:2016年11月16日

紅葉 例年:10月下旬~12月上旬 11月上旬~12月上旬(見ごろ)
寸又峡温泉 夢の吊り橋
静岡県榛原郡川根本町寸又峡
案内WEB 寸又峡ほっとステーション→こちら Q&A→こちら 0547-59-1011
 川根本町まちづくり観光協会 0547-59-2746
 川根本町 商工観光課 0547-58-7077
ーー
2015年10月24日
秋になると日本気象協会の紅葉情報が楽しみ。寸又峡を調べると見頃前で、部分的に紅葉が見られる状態とのこと。最盛期には車が渋滞しますし、まだ青葉が残る時期、紅葉と青葉のコントラストが好きなので「夢の吊り橋」に出かけました。日本気象協会の紅葉情報→こちら
DSC_8007

静岡市内から寸又峡温泉まで、時々山道も通りますが、対向車と仲良く譲り合いながら1時間半ほど、寸又峡温泉の駐車場に到着。車を止め温泉街から緩やかな坂を上ると寸又峡の入口。カモシカのモニュメントに「21世紀に残す日本の自然100選」と記載
DSC_7966

天子のトンネルを通って、寸又峡プロムナードの途中から夢の吊り橋方向へ。
DSC_7967

夢の吊り橋は紅葉の盛りには一方通行となるので、歩くのが苦手な人は飛龍橋方面へ行き、夢の吊り橋と湖を上から眺めた方がいいですね。今はまだ吊り橋を戻れそう。
DSC_7970

夢の吊り橋へ降りる道から山々を眺めるとそろそろ紅葉が始まり、青空のもと青葉も残って良い感じ。
DSC_7975

DSC_7980

見下ろすとエメラルドグリーンの水面とつり橋を渡る人たちが目に飛び込みます。
DSC_7987

DSC_7991

吊り橋までの階段を下りる途中、山側の石壁のツタの紅葉や野菊が可愛いい。
DSC_7977

DSC_7982

夢の吊り橋は南アルプスの麓にある大間ダムにせき止められた人造湖の上を渡る、長さ90m高さ8mの吊り橋。大間川と寸又川の合流点にかかっており、毎日色が変化するダム湖や寸又峡谷が見渡せます。
DSC_8006

一度に10人しか渡れないので、行楽シーズンには待ち行列ができます。今日はまだ人は多くないのでゆっくり歩けます。吊り橋のまん中で若い女性が恋のお祈りをすると夢が叶うとされています。世界最大級の旅行口コミサイトである「トリップアドバイザー」がまとめた「死ぬまでに一度は渡りたい世界の徒歩吊り橋10選」に選定。
DSC_8005

この美しい青みがかった水。寸又峡ほっとステーションによると「チンダル現象」
**寸又川(大間ダム湖)の水は、底まで透けて見えるほど透明できれいな水です。純粋な水は元来無色透明ですが、微粒子を含まない水はほとんどありません。この、わずかな微粒子が溶け込んだ非常にきれいな水の場合には、微粒子のせいで波長の短い青い光だけが反射され、波長の長い赤い光が吸収されるという現象が起こります。この現象のことを「チンダル現象」といいます。(水を入れ替えたプールの水が青く見えたり、空や海が青く見えたりするのも同じことです)**チンダル湖説明→こちら

お天気が良い日で2、3日雨が降らない時、湖面のエメラルドグリーンと紅葉のコントラストが美しいようで、今日は幸運です。
DSC_8003

DSC_8004

一周約90分の寸又峡プロムナードは行かず、橋を引き返しました。帰り道お蕎麦とトロロ餅を庭先でいただきました。わさびそばが名物とか。
DSC_8014

寸又峡温泉からの帰途、美しい紅葉に出会いました。ドウダンツツジは今が紅葉の盛り。モミジも緑と赤が変化に富んで楽しい景色です。
DSC_8020

公園のモミジの木々が秋色になる中、おじさんがドローンを飛ばす練習。のどかですね。
DSC_8024

<イベント>
寸又峡温泉「第10回和紙のあかり展」
2015年10月15日(木)~11月5日(木)
点灯時間 (土・日・祝) 17:30~21:00/ (平 日) 17:30~20:30

アクセス
列車とバス
大井川鉄道「千頭駅(せんずえき)」から、寸又峡行き大井川鉄道バスで約40分
大井川鉄道WEB→こちら


・東名高速 静岡ICから
「本川根町(ほんかわねちょう)方面」、「寸又峡温泉」の看板に従う。
 国道362号線を寸又峡方面へ約1時間半
・東名高速 相良牧の原(さがらまきのはら)ICから
「金谷(かなや)、島田市街」方面の看板に従う。
標識は、金谷方面→島田市街地方面→川根町方面(本川根町)→本川根町→寸又峡温泉
島田市内から県道64号線を寸又峡方面へ約2時間
・新東名高速 静岡SAスマートIC
静岡SAスマートIC→国道362号線→川根・千頭→県道77号線→寸又狭 約90分

*静岡市内からは国道362号線を寸又峡方面へ約1時間半
駐車場は無料と有料があります。有(\500/1日,300台)

交通案内→こちら

Google Map(寸又峡温泉)

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

sponsors



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

SNS

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook

アーカイブ


《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors