TOP > 静岡はなさんぽ > 東部・伊豆地区 > 伊東市 > 一碧湖の紅葉と湖畔の遊歩道(伊東市)

静岡花散歩

一碧湖の紅葉と湖畔の遊歩道(伊東市)

投稿日:2015年11月23日 最終更新日:2016年12月2日

紅葉 例年11月中旬~12月中旬
一碧湖 沼池 (二つあわせてひょうたん型)
静岡県伊東市吉田815-360
問合せ:伊東観光協会 0557-37-6105 9時より17時まで
ーー
2015年11月22日
日本気象協会の紅葉情報では一碧湖の紅葉は色づき始め。紅葉には少し早めですが景観の美しい周囲4kmのひょうたん型の湖を遊歩道の散策もかねて訪問しました。落ち葉が敷き詰められた遊歩道の散策は爽やかな気分です。
P1030830

「伊豆の瞳」と呼ばれる一碧湖(大池)は約10万年前の噴火でできた火口湖。隣にある沼池とあわせて「ひょうたん形」の湖とも呼ばれます。湖畔には一碧湖(約40分)沼池(約30分)の遊歩道・休憩所が整備
P1030848

一碧湖(大池)の遊歩道を散策
4000年前には、大室山の噴火によって溶岩が湖に流れ込んで十二連島ができました。今は静かで美しい湖ですが、成り立ちは実に激しいものだったよう。
P1030850

景観の美しい一碧湖は周遊歩道が整備され、ぐるっと一周40分ほどで歩けます。今は落ち葉が敷き詰められ歩くとキュッ!キュッ!と音が。
P1030832

遊歩道には色づき始めたモミジも。
P1030851

風向明媚なこの湖は歌人与謝野鉄幹・晶子もこよなく愛したと言われ句碑があります。
P1030864 P1030865

句碑の傍のベンチから与謝野晶子と同じ風景を堪能。
P1030863

大室山の噴火によって溶岩が湖に流れ込んで出来た十二連島は湖畔から眺められますがボートに乗ったらもっと楽しいのでしょうね。
P1030873

P1030862

湖畔ではアヒルと鴨がのんびり!
P1030854

竹林や落ち葉の湖畔を歩いていくと湖に赤鳥居が見えます。
P1030881

P1030880

遊歩道は平坦で高低差がなく誰でも楽しみながら歩くことができるのがいいですね。まもなく落葉広場に出ます。モミジが真っ赤に染まるのはこれからのよう。
P1030883

P1030885

沼池
整備された一碧湖(大池)を見た後は沼池を訪れるのをお勧めします。沼はアシ等で覆われ、大池とは違った自然の風景が美しい。沼の周囲も遊歩道が整備され30分ほどとのことですが今日は入口近くを歩きました。
P1030846

P1030835

崖には爆発的噴火でできた火山弾をたくさん含む「爆発角れき岩」を見ることができます。
P1030844

P1030845

ご紹介
伊東は春夏秋冬たくさん楽しむところがあります。
伊東八景・・・城ヶ崎・大室山・一碧湖・松川・小室山・汐吹海岸・巣雲山・オレンジビーチ  →こちら

アクセス
■車
東名高速道路沼津IC・新東名高速道路長泉・沼津ICより伊豆縦貫道経由(一部有料)1時間程
JR伊東駅より12km 車で約20分
駐車場:旧一碧湖美術館駐車場(無料)・沼池の入口若干(無料)・ボート乗り場(有料)
■電車とバス
伊東駅より東海バスで、シャボテン公園行き「一碧湖」下車すぐ

Google Map

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

sponsors



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

SNS

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook

アーカイブ


《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors