TOP > 静岡はなさんぽ > 東部・伊豆地区 > 三島市 > 三島梅花藻の里 ミシマバイカモ(三島市)

静岡花散歩

三島梅花藻の里 ミシマバイカモ(三島市)

投稿日:2016年7月12日 最終更新日:2016年7月13日

三島梅花藻(ミシマバイカモ) 例年:通年 見頃5月~9月頃
三島梅花藻の里 三島市商工観光課Tel 055-983-2656
静岡県三島市南本町
ーー
2016年7月9日
今年は源兵衛川のミシマバイカモを見ることが出来ました。清流にミシマバイカモが揺れて、カモがミシマバイカモの上でのんびり休んでいる風景は暑さを忘れます。
2016-07-10 11.29.38

2016-07-10 11.28.56

2016-07-10 11.30.48

源兵衛川は紫陽花も美しい。
2016-07-10 11.36.50

「三島梅花藻の里」のミシマバイカモは手入れが良くいつもきれいです。
2016-07-10 11.15.59
ーー
2014年9月13日
秋になり「JR東海さわやかウォーキング」に参加。三島商工会議所主催の「街中がせせらぎウォークぶらり」とのタイアップ事業です。駅から楽寿園、源兵衛川等を通り三島梅花藻の里を久しぶりに訪れました。
DSC_6206

源兵衛川のミシマバイカモはほとんど咲いていませんでしたが、「三島梅花藻の里」は手入れが良いので通年花が咲いているとの説明があり、楽しませていただきました。
DSC_6209 DSC_6207

三島市は街中が花で彩られ、水辺も美しくまた訪れたくなる町です。

ーー
2013年7月6日
佐野美術館所有の湧水池を借り、ミシマバイカモを復元、育成している「三島梅花藻の里」を訪れました。水中花・ミシマバイカモがウメに似た可憐な花を咲かせていました。
DSC_1712

湧水池は佐野美術館前にあり、市民などが整備している里で人々の憩いの場となっています。
詳しい案内板があります。
DSC_1706

ミシマバイカモは清流に育ち、水質のバロメーター。遊水池は多くのボランティアによって美しく整備されています。
DSC_1716

DSC_1710

ミシマバイカモはキンポウゲ科の多年草。通年花を咲かせるとのことですが、5月~9月頃が見頃でウメに似たかれんな小さな花を見ることが出来ます。
DSC_1714

楽寿園の小浜池で発見されたことから「ミシマバイカモ(三島梅花藻)」と名付けられました。中に沈んだ糸状の細い葉と梅のような白い花を咲かせるミシマバイカモは美しい。
DSC_1702

三島市には富士山からの地下水が湧き出す湧水地が点在し、清らかな水をたたえた川が街中を幾筋にも流れています。澄んだ川を堪能できる「せせらぎ」の案内板と「三島梅花藻の里」の標識。詳細は拡大。
DSC_1707 DSC_1709

三島梅花藻の里を奥に進んでいくと、三島梅花藻の里で増やしたミシマバイカモを移植した源兵衛川にでます。遊歩道があり原風景が再生されていて、下源兵衛橋の近辺でミシマバイカモを発見!
DSC_1735

DSC_1733

水は澄んでいて子供が中で遊んでいました。川辺を歩くと涼しく紫陽花も居心地良さそう。
DSC_1737 DSC_1740

三島市ではミシマバイカモを見ることが出来る地点は多いようですが、美術館に出かけ、近くで花をゆっくり見たい方は美術館前の「せせらぎ亭」で見ることが出来ます。
DSC_1703

DSC_1700

せせらぎ亭の裏には日本庭園の美しい回遊式庭園、隆泉苑があり、食事の美味しい松韻があります。松韻で和菓子「梅花藻」を買い、佐野美術館で岩合光昭写真展「いぬ」を鑑賞。
DSC_1784 DSC_1698

三島梅花藻は柿田川に生き残ったミシマバイカモを移植したとのことで、帰路、清水町の柿田川公園へ寄りました。樹木に覆われた公園内は梅雨明けの猛暑にも関わらず別天地。特に柿田川流域はとても涼しく、湧水地が点在しています。保護のためにミシマバイカモの近くには行くことは出来ませんが、川面に見えるの糸状の細い葉はミシマバイカモでしょうか?
DSC_1767

DSC_1778

最近は各地で環境保全に努力するようになって、川の水がきれいになり、蛍が飛び交うようになりました。ボランティアの力も大きいと思います。

ご案内
◇三島市で三島梅花藻の保全に努力している団体
NPOグラウンドワーク三島→こちら 
三島ゆうすい会→こちら 
遊水匠の会→こちら

◇参考WEB
佐野美術館→こちら

アクセス
佐野美術館を参考にします。
■公共交通
<電車>
・JR東京駅より新幹線こだま(58分)→JR三島駅
・JR名古屋駅より新幹線こだま(1時間47分)→JR三島駅
<JR三島駅南口より>
・伊豆箱根鉄道線(5分)→三島田町駅下車 徒歩3分
・タクシー10分
・南へ1.3km左側 徒歩17分
<バス・JR三島駅南口より>
・沼津登山東海バス (4番乗り場:新城橋行き又は、大平行き)
・三島循環バス「せせらぎ号」」(1番乗り場)で佐野美術館下車
■車
東名沼津I.C.、新東名長泉沼津I.C.より 伊豆箱根方面へ8km、三島玉川交差点を左折、二つ目信号を右折、次の角左折(約20分)
駐車場10台 佐野美術館50台

Googre Map(隣の三島市南本町7-20 雅心苑三島店を目印)


sponsors



Comment

  1. 早貸 外幸(はやかし そとゆき) より:

    毎年、8月末に裾野CCで開催のシニアゴルフ観戦の際に、源兵衛川のきれいに開花している梅花藻の観賞を楽しみにしています。 今週の8月24日、源兵衛川の梅花藻を見に行きましたが、藻を含めて花がほとんど見当たりませんでした。花がないことについて、近くの方に尋ねると、「水量が多いのか、今年はおかしい」とのことでしたが、梅花藻がほとんどない原因をご教示くださいますよう、お願いを申し上げます。以上

  2. yoco より:

    >早貸 外幸さま

    Twitterで「三島梅花藻」を検索すると7~8月にかけて、きれいに咲いている写真が載っています。現在は源兵衛川の梅花藻が見当たらないとのこと。私は静岡県下の花を見て歩き紹介していますが、今年は三島梅花藻を見に行きませんでした。このページのご案内にある「三島市で三島梅花藻の保全に努力している団体」のどこかにお聞きになるとわかると思います。よろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

SNS

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook

アーカイブ


《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors