TOP > 静岡はなさんぽ > 西部地区 > 袋井市 > 松秀寺のスイレン(袋井市)

静岡花散歩

松秀寺のスイレン(袋井市)

投稿日:2013年6月30日 最終更新日:2016年6月20日

睡蓮(すいれん) 例年:6月上旬~7月下旬
龍冨山 松秀寺 (りゅうふざん しょうしゅうじ)
静岡県袋井市富里453 TEL 0538-23-3079
ーー
2013年6月29日
松秀寺門前の弁天池一面に睡蓮が咲いている時期です。蓮の花とは違った味わいがある睡蓮を見に訪れました。睡蓮は1万数千株あるとのこと。
DSC_1539

曹洞宗 龍冨山 松秀寺は1501年(文亀元年)に大易正甫(たいえきしょうほ)によって開かれました。早朝に参拝すると足が丈夫になるといわれており、地元では朝観音と呼ばれています。DSC_1538

寺の入り口に案内板。(拡大)
DSC_1552

門前の弁天池には一面にスイレンが広がり、6月上旬から7月下旬まで、薄いピンク、黄、白の美しい花をさかせます。早朝から午前中が見頃になります。行ったのは9時半ごろ。
DSC_1556

弁天池に葉が重なり合って、間から顔をのぞかせているスイレンの花たち。葉は光沢があり丸く切れ目があります。

咲いているスイレンの花々 可愛くて気品がありますね。拡大して下さい。
DSC_1542 DSC_1547

DSC_1558 DSC_1545

池の中程は弁天様を祀った小さな社があり、訪れる人はお参りして、ここから四方を眺めます。
スイレンの花は7月下旬まで咲いているとのことです。
DSC_1557

蓮の花と睡蓮の花は見ると違いは歴然としていますが、「草津市立 水生植物公園みずの森」のページに違いをまとめてありますので一部引用させていただきます。→こちら 
ーーー以下「草津市立 水生植物公園みずの森」より引用
◇ハス
・花の特徴
水面から高く咲く。花が終わると水上で花びらが散り、果托(カタク)ができる。(中心の蜂の巣のような部分のこと)
・葉の特徴
撥水性があり、光沢がない。成長が進むと、水面から葉が立ち上がる。切れ込みがない。
◇スイレン
・花の特徴
水面近くに浮かぶように咲く。熱帯スイレンは、水上で咲く。花が終わると閉じて水中に沈む。果托(カタク)ができない。
・葉の特徴
撥水性がなく、光沢がある。通常葉は、水面に浮いている。切れ込みがある。
ーーー以上「草津市立 水生植物公園みずの森」より引用

アクセス
■公共交通
新幹線を利用した場合掛川駅→JR袋井駅からタクシー15分
■車
・東名高速袋井ICより車で15分
・国道一号線 梅橋(交差点)から20分
駐車場有

Google Map

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

sponsors



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

SNS

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook

アーカイブ


《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors