TOP > 静岡はなさんぽ > 洞慶院の梅園(静岡市)

静岡花散歩

洞慶院の梅園(静岡市)

投稿日:2020年2月3日 

 例年:2月下旬~3月上旬
洞慶院(とうけいいん)
静岡県静岡市葵区羽鳥7丁目21−9
——
2020年2月2日
蝋梅を見に洞慶院を訪問。暖かい冬、蝋梅はそろそろ終盤になり、梅の花が咲き始めていました。古木は元気がないようです。新しく植えた若木の梅はかなり大きくなっていました。これから美しく咲くでしょう。見ごろは今月中旬から下旬でしょうか。

古木は弱っている木もありました。

若い木の一角は枝垂れも多く、これから美しく咲くでしょう。

——
2017年3月1日
静岡市葵区羽鳥にある洞慶院。今年は1月13日に蝋梅を見に行きました。久しぶりに梅園を見たくて訪問。紅白の梅は今、満開を迎えています。当院代々の住職が梅樹を植え継ぎ、今や古木の梅樹は約400本。最近は若木を植えた梅林が美しい花を咲かせています。

古木の梅は幹が美しい。

紅梅に桃色の花も加わり楽しみです。

——
2013年3月4日
静岡市葵区羽鳥にある曹洞宗の古刹 洞慶院(とうけいいん)に梅見に行ってきました。
梅園の入り口に「老梅林園」の石碑があります。
老梅林園の石碑

先日、蝋梅を見に行ったときには固い蕾だった梅林。今年は寒いのでやや遅れているようですが今日は6、7分咲きと言ったところ。梅は400本とも、500本とも言われています。
空に向かって咲く白梅。
青空に向かって咲いている梅

老木が結構多いのですが若木も満開。
白梅の若木が満開

梅の花は古来から日本人に親しまれてきた気品のある花。梅の花は品がいいですね。

濃い色の紅梅は数が少ないのですが、目立ちます。
紅梅も見頃

園内の隅にある古木の梅。
かなり古木の梅が満開

園内の一角には若い梅の木が育っています。
梅園は若い木が育っています。

曹洞宗 久住山洞慶院にお参り。
洞慶院本堂

門前にあるお蕎麦屋さん、天然自然薯の文字が目に入り昼食。
門前のそば処 文殊庵
フキノトウ天ぷらが春の味。自然薯そばもとても味が良かった!

アクセス

静鉄ジャストラインバス 藁科線 「羽鳥」下車 徒歩20~30分
車は市街より362号線(藁科街道)を案内板で右折。

Google Map


sponsors



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

SNS

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook

最近のコメント

アーカイブ


《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors