TOP > 静岡はなさんぽ > 東部・伊豆地区 > 沼津市 > 沼津御用邸記念公園のヒマワリ・ハマユウ(沼津市)

静岡花散歩

沼津御用邸記念公園のヒマワリ・ハマユウ(沼津市)

投稿日:2013年7月26日 最終更新日:2016年1月18日

向日葵(ひまわり) 例年:7月中旬~8月中旬
浜木綿(はまゆう) 例年:7月上旬~7月下旬
沼津御用邸記念公園
〒410-0822 静岡県沼津市下香貫島郷2802-1 TEL 055-931-0005
ーー
2013年7月25日
沼津市下香貫島郷の沼津御用邸記念公園は、海岸に面した公園。そろそろ海辺のヒマワリが見頃と思い訪問しました。
DSC_2051

ヒマワリは西付属邸西側海岸近くの苑地に群生しており、紫陽花が終わった後、夏の御用邸を彩る代表的な花。海岸の風雨に耐えたクロマツ林の中にひまわり園入口の案内があります。
DSC_2061

ひまわり園は広くはありませんが、芝生広場に夏の日差しを受けて3000本のヒマワリが咲き誇ります。海と空と松林の中に咲くヒマワリは格別の味わいがあります。
DSC_2048

DSC_2052

海岸に目を向けると海の香りを背にヒマワリが高く咲いています。本格的に咲くのはこれから!
DSC_2054

空を見上げるとヒマワリだけ!このところ青空には恵まれませんが、真っ青な空だったらまた格別でしょうね。
DSC_2057

DSC_2045

浜木綿(ハマユウ)は沼津市の”花”。西附属邸正門前に現在、たくさん咲いていますがそろそろ終わりのようです。
DSC_2032

市の花だけあって、苑地の多くのところにハマユウは咲いています。別名:浜万年青(はまおもと)。暖地の海岸に自生するヒガンバナ科の常緑多年草。
DSC_2040

夏に葉の間から花茎を伸ばし、香りのある白い花をつけます。
DSC_2033

7月中旬まで咲いていたユリ科の浜萱草(はまかんぞう)はすでに終わり、鮮やかなオレンジ色の花は来年に持ち越しです。
7月下旬~8月中旬に咲くナツズイセンは本邸苑地連絡橋の正面に標識はありましたが、花はありませんでした。

7月下旬~8月中旬には台湾原産の帰化植物、高砂ユリが本邸苑地馬場跡地手前を中心に白い花を咲かせます。最近は鳥が種を運ぶので市街の宅地にもたくさん咲く花です。
DSC_2068

歓迎してくれたのでしょうか?一輪だけ咲いていました。
DSC_2071

6月25日、沼津御用邸に紫陽花を見に行った時、地元JAの生産するそばを使った「そば処」が7月にオープンするとの話を聞いていましたので、お蕎麦を食べるのも今回の目的。
DSC_2037

20日にオープンしたばかりで1日20食限定とのこと。今のところ、「ざるそば」のみですが、だんだん変化があるような気がします。昨年、裾野の蕎麦畑の花を見に行きましたので「あしたか山麓裾野そば」使用と聞くと嬉しくなります。
写真は昨年裾野で撮った写真、蕎麦の花と富士山が奇麗!(2012年9月9日撮影)
P1000577

沼津御用邸記念公園はクロマツが多く大好きなところですが、西附属邸正門前の推定樹齢400年の「根上り黒松」は壮観です。
DSC_2078

DSC_2079

6月25日沼津御用邸記念公園に紫陽花を見に行った記事も合わせてご覧ください。→こちら

沼津御用邸記念公園のWEB→こちら
花歴のページに季節に咲く花とスポットの記載があります。

アクセス
■公共交通
沼津駅から伊豆箱根バスで約15分「御用邸前」下車 (沼津駅南口のバスターミナル7番乗り場)
■車
・東名沼津インター(新東名長泉沼津)から車で20~35分
駐車場あり

Google Map

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

sponsors



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

SNS

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook

アーカイブ


《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors