TOP > 静岡はなさんぽ > 静岡県立美術館の紅葉とツワブキの花(静岡市)

静岡花散歩

静岡県立美術館の紅葉とツワブキの花(静岡市)

投稿日:2020年11月12日 最終更新日:2020年12月15日

紅葉・黄葉(欅・ケヤキ) 例年:11月
ツワブキ(石蕗)の花 例年:10月末~11月
静岡県立美術館・静岡県立図書館・静岡県立大学周辺
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
ーー
2020年12月13日
静岡県立美術館の裏山の紅葉を見に行きました。現在、紅葉が美しくツワブキ、山茶花も咲き暮れの散策に絶好の場所。ぜひ、裏山を歩いてください。


ーー
2020年11月11日
秋晴れに誘われ静岡県立美術館を愛犬と散策。プロムナードのケヤキが紅・黄・茶に色づいて秋が深まっていることを感じます。長い坂道のプロムナード、両側を飾る欅の並木は春の新緑から始まり秋の紅葉・黄葉・落ち葉・冬の枯れ木まで季節を感じさせてくれる美しい景色です。ツワブキや山茶花も最盛期。

ケヤキの紅葉は森林総合研究所 林木育種センターによると
ケヤキの紅葉時の色は赤い個体と黄色い個体の両方があり、紅葉の色は遺伝的に強く支配されており、紅葉が赤いケヤキは毎年赤く紅葉し、黄色いケヤキは毎年黄色く紅葉することが分かったそうです。→こちら

確かに緑色も残し赤色と黄色、枯葉に近い茶色と色とりどりの欅の色はパッチワークのようで楽しいですね。

すでに散っている木々の下には落ち葉がたくさん。銀杏の黄葉も。

散歩を楽しむ愛犬も嬉しそう。

美術館の裏山を歩くと、常緑の多年草ツワブキの花が満開です。美術館にお出かけになったらぜひ裏山まで、足を伸ばしてください。なだらかで楽な遊歩道です。

そろそろ山茶花が咲き始めてきました。山茶花の木は大きく成長し、家々の垣根の山茶花とは趣が違います。赤・ピンク・白など大きな木が咲き揃っています。

 


アクセス
■車
・新東名新静岡I.Cより県道74号(流通センター通り)を南下、南幹線経由で約25分
・東名静岡I.Cより南幹線経由で約25分
・東名清水I.Cより国道1号清新バイパス経由で約25分
・駐車場 約400台(無料)
■公共交通
・静鉄電車県立美術館前駅より徒歩約15分
・JR静岡駅前よりしずてつバス県立美術館線で、終点「県立美術館」バス停下車
・JR草薙駅よりしずてつバス草薙瀬名新田線で、終点「県立美術館」バス停下車

Google Map


sponsors



※『しずおかはなさんぽ』は、個人が趣味で運営している情報サイトです。各施設へのご意見、ご要望などは直接各施設へお問合わせください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

SNS

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook

アーカイブ


《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors