TOP > 静岡はなさんぽ > 中部地区 > 藤枝市 > 朝日山城跡展望台(朝日稲荷神社)の河津桜(藤枝市)

静岡花散歩

朝日山城跡展望台(朝日稲荷神社)の河津桜(藤枝市)

投稿日:2017年2月13日 最終更新日:2017年2月14日

河津桜 例年:2月中旬~3月上旬
朝日山城跡展望台周辺 朝日稲荷神社北側
朝日稲荷神社 〒426-0001 静岡県藤枝市仮宿1(藤枝市仮宿字堤ノ坪1番地)
問合せ先 藤枝市花と緑の課:054-643-3487
ーー
2017年2月12日
ふじのくに 静岡県公式ホームページのさくら開花情報(早咲き桜)によると、藤枝市朝日山城跡展望台周辺(朝日稲荷神社の中)の河津桜が2月10の開花状況で「7部咲き」とのこと。河津桜は咲く時期が長いので楽しみに出かけました。

朝日山城跡は新東名の岡部藤枝インターの手前に位置していて、朝日稲荷神社の中に有ります。鳥居の有る側の階段を登って行くと稲荷神社の本殿に行きつきます。左側に向かうと展望台があります。

案内板に記述があった朝日稲荷神社と朝日山城跡を紹介しておきます。
<朝日稲荷神社>
 創立時期は不詳。津山より分霊を勧請したと伝えられ、朝日山山頂近くに建つ。天保9年(1838)正月再建の棟札がある。また近隣に所在した神社を集めて祀った五社神社が本殿そばにある。5年に一度、大祭が行われる。(案内板より)

<朝日山城跡>
潮山支峰の牛伏山(標高110.9m)山頂部に築城された連郭式山城といわれ、江戸時代に編纂された地誌『駿河記』には岡部氏の城と記されている。学術的な発掘調査は行われていないため、本曲輪遺構は朝日稲荷神社の北側に残るが、二の曲輪などの存在は不明である。
 かつては本曲輪付近は植樹されていなかった。好天時には駿河湾まで見晴らすことが出来る。市指定史跡。(案内板より)

新東名が朝日稲荷神社の前を通り、見えているのにたどり着くのに時間がかかりました。駐車場はかなり大きく訪れる人は少ないので充分です。

朝日稲荷神社にお参りして左側に進むと朝日山城跡の展望台につきます。6カ月のトイプードルふうたを連れて登りましたが歩くのは大変ではありません。

河津桜はおよそ30本ほど、もう満開に近く青空に映えます。
展望台はゆっくりできますのでお弁当持参だと楽しめると思います。

遠くに小さく富士山が見えます。

今日は全国的に雪が降って大荒れのようですが静岡県はのどかですね。

訪問客も少ないので満開の花を求めてメジロたちが賑やか。

展望台に行く途中では梅も満開。

 

駐車場近くには案内板があります。

藤枝市は蛍を増やそうと頑張っているようです。
蓮華寺池公園や小川などいたるところでホタルを増やそうと案内板があります。

参考WEB
ふじのくに 静岡県公式ホームページのさくら開花情報(早咲き桜)→こちら 
藤枝市観光協会→こちら 

アクセス
東名高速道路 焼津ICの北西
新東名高速道路 藤枝岡部ICの南東
蓮華寺池公園から車で15分
藤枝駅 中部国道線からバスで20分(法の橋下車)法の橋バス停から徒歩で20分→こちら

Google Map

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

sponsors



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

SNS

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook

アーカイブ


《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors