TOP > はなさんぽ関連 > はなさんぽ通信「早咲きの桜の里」(蒲原)

はなさんぽ通信

はなさんぽ通信「早咲きの桜の里」(蒲原)

投稿日:2016年2月28日 最終更新日:2016年2月29日

2016年2月27日
静岡市清水区蒲原の光蓮寺にクリスマスローズを見に行きました。裏山に咲いた花を眺めて進んでいくと「早咲きの桜の里」の案内板。蒲原さくらの会と日本軽金属(株)が、全国的に珍しい早咲きの品種を集めたさくらの里がありました。
DSC_8554

<修善寺寒桜>
入口に咲いていたのは修善寺寒桜。鮮やかな濃いピンクの花が満開です
DSC_8557

DSC_8556

DSC_8558

蒲原に御殿山に続く新たな桜の名所をと平成19年2月24日、静岡市長や関係者、地域住民ら約100人が出席して全国的に珍しい早咲きの品種ばかりを集めたさくらの里の植樹祭を開いたそうです。
DSC_8563

種類はヒマラヤ桜、河津桜、寒緋桜、子福桜、オカメ桜、大寒桜、八重寒緋桜、椿寒桜など14種類ほどとのこと。
現在美しく咲いているのは修善寺寒桜の他に椿寒桜と八重寒緋桜。

<椿寒桜>
DSC_8565

DSC_8578

DSC_8567

DSC_8568

椿寒桜は淡いピンクで八重咲きの美しい花。

<八重寒緋桜>
DSC_8570

DSC_8572

DSC_8576

DSC_8574

八重寒緋桜は下向き加減に咲いて華やかな朱色。

品種が多くあると咲く時期が違い、いつも手入れをしておくのは大変でしょうね。
訪れている人はなく、少し寂しい風景です。
DSC_8586

約2000平方メートルの敷地内に小さな苗が植えてありました。
DSC_8589

<ヒマラヤザクラ>
開花時期が11~12月で原産地はインドのカシミール地方から中国の雲南省と言うヒマラヤ桜。
アットエスによると2007年に植えた2本のヒマラヤザクラに薄いピンク色の花が咲き誇っていたとのこと。(2015/11/30)花の写真→こちら 今年の年末には超早咲きの桜を見に来たい!

現在は2本のヒマラヤザクラは葉桜で青々と大きく育っています。
この桜はネパールから送られたもので大変貴重なものだそうです。
DSC_8592

DSC_8594

場所はちょっと分かりにくいかもしれませんが、光蓮寺の奥。次々と違う種類の桜が咲くようです。蒲原御殿山の桜は3月末から見ごろになりますが、その前に珍しい桜を見たい方は行ってみるのも楽しみです。

Google Map

[mappress mapid=”188″]


sponsors



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

Social Media Icons

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook
sponsors

《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors