TOP > はなさんぽ関連 > はなさんぽ通信「伊勢神宮と樹木」

はなさんぽ通信

はなさんぽ通信「伊勢神宮と樹木」

投稿日:2015年5月8日 最終更新日:2016年1月30日

2015年5月6日
第62回伊勢神宮式年遷宮が平成25年(2013)に行われ、5月の新緑が美しい季節ようやく参拝に訪れることが出来ました。外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされているので、車で朝4時に静岡を出発し8時半頃外宮に到着。神々しい木々に圧倒されます。
P1030527

神宮は巨木が多く神々が宿っている感じがします。
P1030529

皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれ、内宮は天照坐皇大御神(天照大御神)が祀られ、外宮は衣食住の守り神である豊受大御神が祀られています。内宮も外宮も正宮は外からしか参拝できません。外宮の正宮を門を入ったところから参拝します。
P1030530

隣に遷宮前の跡地があり、20年後の遷宮を待ちます。
P1030533

別宮は実際に参拝することが出来ます。真新しい別宮の一つ・土宮に参拝。樹木に囲まれて美しい。
P1030534

社殿造営・御装束神宝奉製の技術を展観し、我が国が誇る技と心の精華を永く後世に伝える理念のもと「せんぐう館」が外宮の一画に創設されました。せんぐう館で話を聞いてから外宮、内宮を巡ると伊勢神宮のこと、日本の歴史がよくわかります。せんぐう館の庭の勾玉池は菖蒲が咲いていました。せんぐう館WEB→こちら
P1030546

外宮を参拝してから内宮へ車で移動。かなりの距離があります。

内宮の案内
P1030555

P1030553

美しい神苑
P1030557

正宮を外から参拝します。
P1030562

伊勢神宮内宮の参道に立つ大きな鉾杉。樹幹には保護のための竹製の保護材が巻かれています。せんぐう館の説明ではパワースポットと言われ樹木の表皮を剥がしてしまう人がいるので巻かれたとのこと。
P1030561
神様を感じる巨木
P1030566
幹も太くてりっぱです。
P1030565

参道と美しく清らかな五十鈴川 神宮一帯が樹木で覆われ空気が気持ち良い。
P1030574 P1030577

式年遷宮の時、WEB「音訳の部屋」で「伊勢神宮式年遷宮 読み方辞典」を制作しましたので、待ち望んだ旅でした。読みを必要な方はご利用ください。→こちら

伊勢神宮WEB→こちら


sponsors



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sponsors

Social Media Icons

Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook
sponsors

《運営》
ウェブパレット

《その他運営しているサイト》

静岡Webデザイナー生活

静岡わんわんさんぽ

静岡おいしいかわいいグルメ&雑貨屋ブログ

Home Office & Flower Life

sponsors